公立と私立の費用の違い

歌う女子校生

大阪で通信制高校を選ぶ場合には、費用がどれぐらいかかるのかも理解しておく必要があります。選ぶ前に知っておきたいことが、通信制高校でも公立高校と私立高校の2種類があることでしょう。全日制高校等と同じように、公立高校と私立高校ではかかる費用が異なります。通信制高校の場合も、公立高校の費用は安い傾向にあるでしょう。年間およそ10,000円程度の授業料だけですので、金銭的な負担を考えている人はまず公立高校を選ぶべきです。ただ、それ以外に教材費がかかりますがそれらを全て含めたとしても50,000円程度があれば教育を受けることが可能になります。ただ、公立高校の場合には費用がかからない分最新のサービスなどを利用していないことが多いです。昔ながらの教材が自宅に送られてくる仕組みだけで、DVDや映像配信などが積極的に行われる事はまずないでしょう。これに対して、私立高校を選ぶ場合には1年間に学費が40万円から60万円位かかることも少なくありません。そのかわり、公立高校と異なり教育内容が非常に充実しています。例えば、映像配信システムやDVDの配布があるだけでなく、フォローを充実している傾向があります。それに加えて、自分の学びたい内容をたくさんのカリキュラムの中から選ぶことができるでしょう。基本的に、私立高校は公立高校にはないような特殊な学科等もあります。アニメや映像に関する学科そして介護に関する内容を専門的に学ぶことができるでしょう。このような違いがありますので、費用を見つつも両者をよく比較して選ぶことが大事になります。

どのような仕組みが採用されているか

女子

通信制高校にも様々な種類がありますが、大阪の通信制高校の生徒が辞めない仕組みを採用しています。通信制高校は、学校に通うことが少なく家庭内で学習することが多いため、モチベーションが下がってしまう傾向があります。モチベーションが下がった状態が長く続いてしまうと、だんだんと勉強する気がなくなり、しまいには中退してしまう恐れもあるでしょう。実際に、通信制高校の中退率が非常に高く3割から4割ほどとされています。これ、少しでも生徒が中退せず無事に卒業するためにそれぞれの通信制高校ではスクーリングと呼ばれるものを実施しています。スクーリングとは、定期的に学校に通うことです。スクーリングを行うことで、1人で勉強するのではなく周りに仲間がいることを知ると同時に、友達を作りやすくすることです。これにより、情報共有ができるため中退率が低くなるでしょう。それだけでなく、先生に悩み相談などもすることができる点も魅力です。

広告募集中